高校に進学した後の不登校対策

subpage01

不登校が大きな問題となるのは義務教育である小中学生に多く、高校に進学後の不登校はあまり話題にならないものです。

高校で不登校といえばこちらです。

それは高校においては出席日数が足りないことによる留年という制度があるためで、不登校の状況になった場合、それが長期化すると上級学年に進級することが難しくなります。



進級ができない場合にはそのまま退学に至るというケースが多いので、高校生における不登校対策は中退後の進路を視野に入れた状況の確認が必要となります。


現在は高校中退者における救済的な方法として、大学受験資格を得るためのいわゆる「大検」があります。

この制度を利用することによって中退したとしても大学に進学する道が開かれますので、希望の大学に入学してその後の学生生活を充実させているという例も少なくありません。
また中退者を多く受け入れている通信制の高校も全国各地に存在しています。
取得した単位が引き継げるという制度もありますので、2年時に中退したのであれば2年制への編入など、柔軟な対応を行っている学校がありますので、転校という形で新たなスタートを切ることができたという例もあります。

校風に馴染めなかったり友人関係で悩んだりと、不登校になる理由はさまざまですが、自分に合わない環境に無理をして身をおいていることによるストレスは心身に大きな影響を及ぼします。

積極的に別の道を探し、現在の状況を逆手に取って新しい進路を切り開いていくという前向きな姿勢を意識するということが問題解決の糸口となります。