トリミングの技術は専門学校で学ぶのがお勧めです

subpage01

ペットのトリマーを目指す場合、専門学校で学ぶ方法と通信講座で学ぶ方法があります。
トリマーとして働く上で必ず持っていなければならない資格は存在せず、極端な話をすれば誰でもトリマーを名乗ってトリマーの仕事をすることができます。

しかし犬種による毛質の違いやスタンダードの形、ハサミやバリカンといった特殊な道具の使い方など専門的な知識と技術を持っていないと実際にトリマーとして働くことは難しく、雇ってもらえるサロンもなかなか見つかりません。

トリミングの専門学校の欲しい情報が手に入りました。

したがって、トリマーになるためにはトリマーの資格を持っていた方が確実です。



本格的にトリミングの勉強を考えるなら、やはり専門学校の方がお勧めです。
トリミングの知識や技術は、教科書で学べることだけでなく実際に道具を持って使ったり、動く動物を相手に練習したりすることで身に付きます。



通信講座でもスクーリングを実施しているところはありますが、毎日プロの講師から学んだり動物を相手に練習したりという環境はとても心強いです。

また、トリマーに要求されるのはトリミングの技術や知識だけではありません。動物の身体の仕組みや健康について基礎的な知識は必要で、トリミング中に身体の異変に気付いたり、毛質や皮膚の状態に悩んでいる子に対して薬用シャンプーを使ったりという時には動物看護師や獣医師に近い目を持っている必要があります。

またペットだけでなくその飼い主とのコミュニケーションの取り方も重要で、そういった実践的な技術を身に付けるのも専門学校の方が機会に恵まれています。