トリマーになるには資格は必須?

main-img

犬や猫などのペットの毛並みを整える仕事として知られているトリマー。


実は資格はなくても仕事することができます。

しっかりとしたトリマーの資格はこちらのサイトで情報公開中です。

しかし現実的にはお客からの信頼を得るために持っているトリマーがほとんどで、ペットサロンも資格を持つトリマーを求めます。
またペットの美容師としての仕事の他にも健康を管理することも求められます。

爪切りや校門線絞りなどを行うことからもペットの異変に気づき、適切な処置や治療を奨めるなどすることがお客からは期待されます。



ではその技術をどのように得て、資格をとっていけば良いのでしょうか。
方法は二つあります。


専門の学校に通学するか、通信教育で技術を学ぶかの二つになります。

前者は直接、教員から技術を学ぶことができ、実習も行うためより実践的に勉強ができます。

また卒業試験にクリアすれば資格も同時にとり、就職サポートを行うところもあるのでより確実にトリマーになることができます。



通信教育では自分のスピードにあわせて学ぶことができます。
学校に通えない社会人や小さな子供を持つ親などに向いています。
実技講座を行っているところもあります。


検定を受けることで資格を取得できます。

専門学校にしても通信講座にしても、第一に動物が好きであること、ペットのみならず飼い主とコミュニケーションをとっていくことも大切です。


また立ち仕事であるため体力も求められるハードな仕事です。これらを身につければ素晴らしいトリマーとして仕事をすることができます。
まずは資料請求をして自分にあった学習方法を探してみましょう。


資格の関連情報

subpage01

近年、ペットは家族の一員として考えられておりとても可愛がられています。そんな中でトリマーの需要も高まっており、動物が好きな人にとっては非常に魅力的な仕事だと考えられます。...

more

資格のためになる情報

subpage02

ペットのトリマーを目指す場合、専門学校で学ぶ方法と通信講座で学ぶ方法があります。トリマーとして働く上で必ず持っていなければならない資格は存在せず、極端な話をすれば誰でもトリマーを名乗ってトリマーの仕事をすることができます。...

more

資格の補足説明

subpage03

トリマーはペット関連の職業として人気が高く、またペットを家族のように大切に扱う人が増えたことでトリミングサロンや動物病院など活躍できる場も増えています。トリマーとして働くには厳密な資格は必要なく、経験のない素人でもトリミングを行うことはできます。...

more

資格について思うこと

subpage04

不登校が大きな問題となるのは義務教育である小中学生に多く、高校に進学後の不登校はあまり話題にならないものです。それは高校においては出席日数が足りないことによる留年という制度があるためで、不登校の状況になった場合、それが長期化すると上級学年に進級することが難しくなります。...

more